夜空を見上げる望遠鏡の仕組み

まずは望遠鏡の歴史に着眼していくこととする。そもそ、人間はどのようにして本格的に宇宙を観察していこうと志したのだろうか。そして、現在どのように望遠鏡が運営されているのかという運用方法にも迫る。ハッブル宇宙望遠鏡や「すばる」から家庭用まで、いまや大小さまざまな望遠鏡が存在する。

様々な望遠鏡

一口に天体望遠鏡と言っても、様々な種類がある。それは当然のことだ。宇宙を観察するための巨大望遠鏡や宇宙空間の望遠鏡以外にも、家庭用の、数千円から購入することができる、ありふれた、小さな望遠鏡は数限りなく存在するからだ。その種類について見ていく。

望遠鏡の仕組み

夜空の星を見上げ、観測することができる望遠鏡の仕組みとは、いったいどのようになっているのだろうか。2枚のレンズを使うことは確かで、かつ有名だが、その細かな仕組みを理解する人は少ないだろう。望遠鏡の仕組みに迫り、夜空の星が美しく見える謎を見ていく。

望遠鏡開発の歴史

午前2時、踏切に、望遠鏡を担いでいった。
あれがデネブ、アルタイル、ベガ、君が指さす夏の大三角。
数々の名曲や、古くからの詩にまで歌い込まれてきた夜空の星たち。時には道しるべとして旅人を導き、星座として線を結ばれて親しまれてきた。夜空を見上げ、これまでどれだけの人々が希望や想いを馳せて来ただろうか。時は下り、現代は優秀な望遠鏡が次々と開発され、夜空の星々も、それよりはるかかなたの星々も発見され、未知が解き明かされている。このページでは、こうした望遠鏡の歴史、その種類、そして星や空がきれいに見える仕組みに注目していく。
そもそも、古代人は宇宙の星の配列から占いを行うことが多かった。やがて、星と星を結ぶ星座が生み出されていき、ギリシャ神話やローマ神話と結びつけられていった。最初に望遠鏡を発明したのはオランダの眼鏡屋だったリッペルスハイだ。やがて、かの有名なガリレオ・ガリレイ、ヨハネ・ケプラーなどがこれを改良していく。やがて、望遠鏡は巨大化した観測用望遠鏡と、小型化したか提供望遠鏡とに分かれていくことになる。
宇宙は今なお、人類にとってあこがれの地である。月に降り立った人類は、スペースシャトル計画や宇宙ステーションを経て宇宙進出を本格化させている。いまや、民間人の宇宙旅行が自由に行えるようになるのも遠い未来の話ではないだろう。日本でも、『宇宙戦艦ヤマト』を始め、宇宙に希望をはせる作品の流行と宇宙ブームがあったこともある。